2010年01月22日

鈴木宗男氏、特捜部大批判「検察の暴走」(スポーツ報知)

 新党大地代表の鈴木宗男衆院議員(61)は16日の民主党大会であいさつし、今回の事件について、東京地検特捜部への批判を大展開した。

 「検察の暴走がいけないと私は考えています!」。持ち前の大声で切り出した。「サッカーに例えれば、検察はGKだと思う。それがFWのように前に出てこようとする」と的を射ているのか、分かりづらい表現ながら厳しく“口撃”。「狙われたら、誰でもやられますよ。私も8年前に経験しているからです! 検察は“誰も支える者はいないぞ”とささやいて、都合のいい供述を引き出すんです」。ついに、あっせん収賄罪などで同じ特捜部に摘発された自身の過去も持ち出した。

 会場から「(検察を)事業仕分けしろ!」と合いの手が入ると「おっしゃる通り」と、してやったりの表情。「検察が正義の使者と思ったら大間違い」。予定の5分間を軽くオーバーし、しゃべりっ放しの“ムネオ劇場”を繰り広げた。「(小沢氏は)自信を持って幹事長としての役割を果たしていただきたい」とエールで締めくくった鈴木氏。私憤交じりとはいえ、小沢氏には頼もしい援軍といえそうだ。

 【関連記事】
杉良太郎、芸能界も薬物検査を
新党大地 鈴木宗男 衆院議員 を調べる

“法の番人”不在に 内閣法制局長官の答弁を禁止 通常国会冒頭から(産経新聞)
大阪・居酒屋の銃乱射、重傷の男性も死亡(読売新聞)
「闘って」首相改めて釈明…参院代表質問(読売新聞)
4歳児虐待死の母に懲役6年=神戸地裁支部の裁判員裁判(時事通信)
大阪府市長会 府水協で再び統合議論を(産経新聞)
posted by hva0t0sjzq at 01:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。