2010年05月11日

ひこにゃん 商標使用は有償に…滋賀・彦根市(毎日新聞)

 滋賀県彦根市は7日、市の人気キャラクター「ひこにゃん」の商標使用を7月から有料化すると発表した。使用料は原則、商品の販売総額の3%で、商品1個ごとに張る証紙代(1枚1円)が必要。公共目的や市のPRにつながる旅行会社などの利用は従来通り無料とする。

 市によると、対象となる商標は「座る」「跳ねる」「刀を持つ」の三つの図柄と「ひこにゃん」の文字。使用の申請は今月10日から受け付ける。有償の場合、市の代理人弁護士を通して契約を結ぶ。

 ひこにゃんは、同市で開かれた「井伊直弼と開国150年祭」(08〜10年)などを盛り上げるため、市が申請に基づき、商標使用を認めてきた。同祭は今年3月に閉幕。市はひこにゃんを「市の財産」と位置付け、有償化を検討していた。閉幕後、市には業者などから約200件の問い合わせがあったという。

 市によると、昨年1月から今年3月までの使用申請は約280の企業・団体から計1040件。ひこにゃんグッズの売り上げ高の推計は08年が約10億円、09年は8億円に上る。獅山向洋市長は「祭りを盛り上げてくれたひこにゃんにもう一働きしてもらいたい」と話している。

 問い合わせは市総務課(0749・22・1411)。【松井圀夫】

【関連ニュース】
彦根城:西の丸三重櫓、初の公開 ひこにゃんが案内−−きょうから /滋賀
EU大統領:お茶服し、ひこにゃん見つめ、はい一句 彦根城内を満喫 /滋賀
EU大統領:きょう、彦根に来訪 /滋賀
観光客数:昨年の彦根、13%増210万人 消費額は36%以上の落ち込み /滋賀
ひこにゃん:ゆる〜くゆる〜く、満4歳 ケーキににっこり−−彦根 /滋賀

舘ひろしさん、神奈川県の「卒煙塾」塾長に就任(産経新聞)
<ペダル踏み間違い>2人はね死なす 奈良の76歳(毎日新聞)
枝野氏「母国の子は支給対象外」(産経新聞)
佐賀県の「一部ユニット型」特養、国と異なる解釈で報酬を算定(医療介護CBニュース)
太宰治賞に今村夏子氏(時事通信)
posted by hva0t0sjzq at 23:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。